わかめさん

某ゲーム会社でアルバイトをしていたときの話です。

ある日まじめに労働していましたら、社内専用の匿名SNSに、
HN「わかめ」さんからメッセージが届いていました。

>わかめ→私へのメッセージ:
あなたも、日本わかめ連盟に入らないか。

労働しているところは、事業所が複数ありますし、バイトの人数も入れましたら結構な数になったりしますから、こんな愉快なメッセージをもらっても、人物を特定できません。

>私→わかめへのメッセージ:
海の幸は苦手なので残念ですが辞退させていただきます。

>わかめ→私へのメッセージ:
勇気を出して入るんだ!

どうやら相手は超ヒマ人のようです。
かわいそうなので返事をしてみることにしました。

>私→わかめへのメッセージ:
私は生臭いのがダメなんです。

>わかめ→私へのメッセージ:
話を聞くだけでもいいから、その気になったら連絡をくれ。某海岸で会合があるから是非参加して欲しい。代表である、磯のわかめ氏の演説がきけるんだ。

>私→わかめへのメッセージ:
寒いからイヤです。

>わかめ→私へのメッセージ:
き、貴様!
わかめ連盟は、わかめテロを起こす事をためらうことすらしない武闘集団なんだぞ。わかっていないんだな!!

>私→わかめへのメッセージ:
フセインみたいに死刑になってしまえ。

>わかめ→私へのメッセージ:
死刑とは卑怯なり!
磯のわかめ先生が右足首といわれる私が相手だ!

この辺りでだんだん面倒くさくなってきた私は
仕事中だし、放置しよう(*´∀`*)!」と、普通に仕事することにしました。

その1時間後、端末をみてみますと、
わかめさんから二件のメッセージが届いていました。

>わかめ→私へのメッセージ:
しばらく私は身を隠す。また追って連絡する。

>わかめ→私へのメッセージ:
メッセージ届いていますか?

なんで、最後だけ素やねん。

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA